2回目のデートでホテルに誘う方法

初デートの時にSEXまで持っていけなかった人にとってはセフレを見つけるサイト次のデートこそはホテル迄もっていきたいと思うでしょう。
でも、次のデートの約束が取れるか不安という人もいますよね。
そこで、初デートが終わって次のデートを誘う方法をお話していきましょう。
人によっては、バイバイした後に「次のデートはいつにする?」と聞いてくる人もいますが、それでは焦っているように見えますし、あなたの事に興味がなかったら次のデートにもっていくことは出来ません。
その時は、「今日は楽しかったよ♪また、会いたいな」と“会いたい”という言葉をいれてあげるようにしましょう。
もし、返信に「私も楽しかった、また会いたいわ」と返ってきたら次のデートの約束をしましょう!
また、他のテクニックとして駆け引きを使う場合があります。
初デートをしたその日には相手にメールを送らないで、次の日にメールを送る方法です。
当日に送らないと相手は“どうしたのかな?私の事気に入らなかったのかな><”と気になってしまいます。
そして、次の日にメールを送る事で相手は嬉しくなり自然に気になり始めます。
そういった駆け引きのテクニックを利用しても良いでしょう。
駆け引きが嫌なら初デートが終わった後に素直に自分の気持ちをメールして送っても良いでしょう。
その時に、デートをした時の内容をメールの文章にいれて送ると「〇〇さんは、私の会話覚えてくれていたのね(*^_^*)”と嬉しくりますよ。
あなたの事が気になっていない人でも嬉しいと思うでしょう♪
相手があなたの事を気に入ってくれたらホテルに行くのもOKしてくれますよ。

なんで神待ち掲示板を利用するの?

出会い系サイトでも良さそうなのに、なんで神待ち掲示板を使うのかというと、神待ち掲示板を使っていることで、目的がきっちり相手に伝わるからです。もちろんエン目的のような書き込みは出会い系サイトにもありますが。エン目的は逼迫していない印象を持ちます。例えば遊ぶお金が惜しいとか、支払いがあるからどうにか稼ぎたいとか、そんな感じでしょうか。しかし神待ち掲示板の場合には、マックでもいいから食べさせて欲しいとか、今日泊まるところがないとか、シャワーだけでも浴びたいとか、実に逼迫している願いをぶつけてきます。もちろんお金も少々は欲しいでしょうが、「お金がなくて食べれない」とかのほうが全面に出ているわけです。ささやかすぎて驚くことがあるほどです。
ただしばらく居させて欲しいというような要望があるのも神待ち掲示板で、出会い系サイトでは「居させて欲しい」なんてことはあまり見たことがありません。「しばらく」というのが2日とか3日だったり、一週間だったり、1ヶ月なんてときもあります。その間は「セックスもある」ということが前提ですから、それはそれでいいのですが、やはり家の中に誰かがいるということは負担だったりするわけです。求められることはささやかでも、精神的な負担は神待ちのほうが時として大きく、環境によってはそのお願いに答えられない人もいるでしょう。家族持ちだったら「泊めて欲しい」なんて聞いてあげられません。そういった「そこまで負担じゃないけど誰でも叶えたあがられるわけではない」という内容の場合には、神待ち掲示板になるのかもしれません。自分は一人暮らしですし、今は付き合っている人もいません。マンションですので周りの人との近所つきあいみたいなものもありませんから、誰が出入りしていてもなにを気にすることも必要ないのです。それが「どちらを使うのか」ということに関わってくる気はします。また年齢的に通常の出会い系サイトでは登録しにくい18歳未満の人も、神待ちだったら投稿しやすいということもあるようです。神待ちも一応18歳未満はお断りとなっていますが、どこまで厳密に年齢確認をしているのかはわかりません。出会い系の場合にはクレジットカードの使用によって年齢の判断をしたりライブチャット身分を証明する書類の写メを送らせるなどして年齢確認を行います。そういう事をしないまま自己申告に任せている神待ちなどもあります。利用者には18歳未満もかなりの数がいると考えていいでしょう。

出会いチャットアプリの成功率は?

スマートフォンの普及と共に、出会い系のアプリも登場してきました。さまざまな種類がありますが、そのひとつがGPS機能を利用して出会いチャットアプリです。カンタンにいうとGPS機能で現在、自分がいる場所が分かります。そのアプリを利用すれば、近くにいる女性とチャットができる仕組みです。近くにいるということは、それだけ出会いにつながります。はたして、このアプリ、どこまで効果があるのでしょうか。
<成功率は?>
結論からいえば、あまりよくありません。無料のアプリが多いのでお手軽にダウンロードしてログインもすぐにできますが、これより先は他の無料系の出会い系サイトと同様の問題が待っています。それは男性と女性の割合です。無料系のサイトでは気軽に利用できることから男性会員の数は多く、逆に、真剣に彼氏や恋人を求める女性は少ないのが現実です。なぜなら、有料系のサイトでも女性は無料というサイトも多く、女性側としては安全な有料サイトを利用します。そうなると無料系は自然と女性の割合が、有料系とくらべても断然小さくなるでしょう。ただでも出会い系サイトは女性の割合が少ないです。無料系はさらに厳しいという覚悟だけはしておきましょう。
<悪用されるという問題も>
これも無料系には付きものの問題です。それはサクラが多くいる現状があります。ヘタするとアプリそのものがサクラという悪質なものまであるようです。無料系のサクラは一見、意味がないように思えますが、無料というものを餌にして、有料のサイトへ誘導するタイプのサクラメールを送ってきます。まちがってもURLをクリックするのはやめておきましょう。その先に何が待っているかは分かりません。その他にもさまざまな問題を抱えています。スマートフォンのアプリであってもhttp://xn--2015-4n4c0flg249y6y5g.tumblr.com/インターネットの無料にはワナが待っている可能性があるということだけは頭に入れておいてください。
ここまで書いたことは負の部分です。もちろん、出会える確率はゼロではありません。実際に成功した例もあります。それがきっかけで彼女をゲットしたというのは嘘ではなく、事実です。まずはアプリの評判を調べてください。評価が高くないものには絶対に手を出さないことです。いくら、宣伝がうまくても中身が伴っていないようなアプリはダウンロードしないほうが自分のためでしょう。あとは、運を天に任せるぐらいの気持ちでいいと思います。当たれば幸運ぐらいの感じですね。出会いの機会を増やすことは決してわるいことではありません。

出会い系では女の子の言葉は信じるな

女の子を落とす時のポイントの一つに「女の言葉は信じるな」というものがあります。女の子の言葉を真面目に受けすぎていると神経がおかしくなりますし、落とすこと何てできなくなります。基本的には、言ってることは2割くらいしか真実はないし、すぐにその真実ですらひっくり返ると思っておいた方が良いでしょう。
出会い系サイトで出会った子がいたんですが、その子はことごとく言葉の反対のことを出来ました。最初に出会い系で彼女のプロフィールを見た時には「ヤリ目はお断りです」と書いてありました。しかし、ヤリ目の俺はすでにやっております。
彼女と出会い系からラインで直接やり取りをし始めた時も「下ネタ苦手」と言われましたが、会うまでの半月近くはほぼ下ネタだらけでしたし、彼女も乗ってきていました。さらに、その子と実際に会った時にも「今日はエッチしないよ」といっていたにも関わらずホイホイホテルについてきてテレクラその後きっちりとやりました。セックスをし始めてから「エッチってあんまり得意じゃないんだよね」と言っていましたが、かなりやりこんでいる感じで、自分から上にのるし、フェラしまくりで気持ちよくて口に出しちゃうし、出されて喜んでたし、かなり仕込まれている、セックス好きな子でした。
こんな子ばかりではないですが、特に出会い系とかを利用する場合は、女の子の言葉は半分も信じていては良いことはありませんね。

結婚したい症候群

1度は耳にしたことがあるかもしれない「結婚したい症候群」という言葉。
個の言葉について少し考えてみたいと思います。

相手が居ないけれど、とにかく結婚したい!
だからこそ出会いや恋愛を求めて行くというのは悪いことではないのですが
楽しむことも出来なくなって、出会うことばかり・結婚に繋げて行くことばかりを考えて
必死になって求めて行く。
それが結婚したい症候群に繋がるのです。
相手とどのような関係になりたいだとかではなく、とにかく結婚だけが目的になり
そのためだけに活動をしていくのは、あまり良い結果に進んでいくことは出来ないと思います。

また、恋人が居て恋愛中だと言う人も結婚したい症候群である可能性もあります。
カレといち早く結婚したいなんて強く思いすぎている場合、これに該当する場合があるのです。
あくまで統計上の問題ですが
年下のカレとお付き合いをしている場合、相手が結婚と言うものを考えてくれているのだろうか?
という不安が生まれやすい状況らしく
「自分から結婚を切り出さなくては」
「もっと意識をしてもらわなくては」
なんて急ぐ気持ちを抱きやすくなってしまうようなんです。

結婚したいを具体的に進展されていくには、やはりその目的やキチンとしたビジョンが必要ですので
結婚と言う言葉だけに縛られないようにしてください。

セフレ体験談